医療費が高額になったとき

医療費の自己負担には「限度額」があり、一定の基準に基づいて計算した自己負担額が限度額を超えた場合、超えた額が「高額療養費」として支給されます。

支給は診療月のおおよそ3ヵ月後に会社を通じて行われます。対象者の手続きは不要です。

医療費の窓口負担を減らしたいとき

窓口負担を最初から減らすための申請です。

必要書類
対象者 1ヵ月の医療費の窓口負担が自己負担限度額を超える見込みである、被保険者・被扶養者
お問い合わせ先 健康保険組合
備考 入院・外来のどちらでも利用できます。